【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

法務・税務

不動産投資 調査直前の修正申告で重加算税を回避した=中山慎吾

 納税者が不利になることも多い不動産所得の税務調査。実際にあった税務調査の例と、ピンチを乗り切ったその対処法を紹介する。

 ケース(1) 修繕費の架空計上でピンチ

「税務調査があるので助けてください」。個人で不動産投資をし、毎年の確定申告も自らしていた納税者から相談を受けた。不動産所得に対する税務調査を行いたいと税務署の個人課税部門から電話があったとのことで、調査が3日後に迫っていた。確定申告書数年分を確認すると、不動産の収支内訳書を見て修繕費が毎年多額に計上されている点が気になった。確認すると架空の修繕費を計上したという。

 このままの状態で税務調査が始まってしまうと、重加算税の課税要件である「仮装・隠蔽(いんぺい)」と指摘されてしまうことはほぼ確実。そこで、調査が始まる前に、急いで仮装計上された修繕費部分を除外した修正申告書を作成提出。重加算税を回避することができた。

 仮装や隠蔽で申告した場合に重加算税を罰則的に課税することは国税通則法第68条によって定められているが、条文の中にはこれが回避される条件として「更正があるべきことを予知されたものでない場合を除く」という文言がある。この文言の解釈を巡っては税法を研究している学会でもいろいろな考え方があるが、実際の調査が始まっていなければ「更正があるべきことを予知された場合」にはならない=重加算税が課されないとする解釈が一般的だ。この解釈を…

残り715文字(全文1315文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事