マーケット・金融

新生銀行 SBI傘下入り決定的でも「税金」の返済道筋見えず=新開境地

     新生銀行への敵対的買収に発展したSBIホールディングス(HD)によるTOB(株式公開買い付け)は、SBIHDに軍配が上がった。買収防衛策を諮る臨時株主総会の前日(11月24日)、新生銀行が方針を転換して、買収防衛策を取り下げ、株主総会の開催を見送った。SBIHDもTOBの期限を12月8日から同10日に延長すると発表。約20%の新生銀行株式を保有するSBIHDが、48%を上限に同行株式を買い増し、連結子会社化する計画はほぼ決定的となった。

     買収防衛策を取り下げたのは、SBIHDに対抗する友好的な買収者(ホワイトナイト)が現れず、株主総会で否決される公算が高まったためだ。公的資金(税金)によって同行の株式を約22%保有する国が買収防衛策に賛成しない方針を固め勝敗が決した。来年2月に予定される新生銀行の臨時株主総会後、工藤英之社長ら現経営陣は退陣する。

     新社長にSBIHDの川島克哉副社長、会長には元金融庁長官の五味広文氏が就く予定。SBIHDは、新生銀行を傘下に入れることで、グループ内企業とのサービス連携を進める。SBIHDが一部地銀と資本業務提携を結んできた「第4のメガバンク構想」も新生銀行が中核的な役割を果たすとみられる。

    再…

    残り608文字(全文1128文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事