週刊エコノミスト Online

埼玉・川口が人気急上昇 マンション高騰で若者の都心離れ

     マンション高騰はいつまで続くのか。今後の見通しを不動産調査会社、東京カンテイの井出武上席主任研究員に聞いた。(「下がるマンション 不動産大予測」特集はこちら)

    ――新築マンション、中古マンションの価格上昇が続き、庶民には購入が厳しい水準になっています。

    井出 首都圏も地方も値上がりが続いています。東京カンテイの直近の調査(2020年12月末現在)では、住宅価格を平均年収で割った年収倍率は、新築マンションの場合、全国平均で8・41倍です。東京都は13・4倍と過去15年間での最高値、神奈川県と埼玉県も3年ぶりに10倍台に上昇しました。

     年収の何倍なら住宅購入に適しているのか、判断は難しいですが、首都圏の新築マンションは06年当時は6倍台でした。東京都は08~10年に9~10倍台でした。当時と比べて賃金は上がらないのにマンション価格が上昇している状況です。現在は、1991年~92年のバブル期以来の水準になっています。

    残り1199文字(全文1609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事