投資・運用

東証再編でこれから問われる日本株の実力=編集部

    市場の再編で日本株の活性化なるか(東証の山道裕己社長)
    市場の再編で日本株の活性化なるか(東証の山道裕己社長)

    東証再編 3市場の上場銘柄発表 問われる企業価値向上=稲留正英

     東京証券取引所は1月11日、4月4日から実施する新しい市場区分について、各市場に上場する企業名を発表した。1月11日現在、東証には、東証1部(2185銘柄)、同2部(474銘柄)、同マザーズ(424銘柄)、ジャスダックスタンダード(658銘柄)、同グロース(36銘柄)の5市場があり、3777銘柄が上場している。これが、「プライム」(1841銘柄)、「スタンダード」(1477銘柄)、「グロース」(459銘柄)の3市場に再編される。

     今回の市場再編の狙いには、(1)2013年の大阪証券取引所との市場統合で5市場に増えた市場区分を三つに整理し、それぞれの性格をはっきりさせること、(2)現在より厳しい上場基準を設けることで、企業に持続的な成長と中長期的な企業価値向上への動機づけをすること──がある。

     具体的には、現在の東証1部に相当するプライム市場は、流通株式時価総額で100億円以上と十分な流動性を備え、かつ、海外投資家との対話が可能な高度なコーポレートガバナンス(企業統治)の基準を備えた企業を対象とする。同様に、スタンダードは流…

    残り652文字(全文1152文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事