マーケット・金融

《緊急特集》ユーロ、ドル、円、ルーブル ユーロ・ドルは夏前に反転上昇 ユーロ・円は150円目指す=武田淳

 <相場予想3>

 ユーロ・ドルは、侵攻の緊張状態が続く間、ユーロ軟調で推移するだろう。国際銀行間通信協会(SWIFT)からの排除まで踏み込んだ欧米の対露制裁は、ロシアの貿易を大幅に縮小させ経済に著しいダメージを与えるだろう。ユーロ圏は輸出減やエネルギー価格高騰という形で最も返り血を浴びる。1ユーロ=1・1ドル程度までの下落はあるだろう。

 ただ、ユーロ圏経済の最大の懸念材料は5%台まで高まったインフレであり、米国が3月に利上げを開始すれば、ユーロ安圧力が強まり物価を押し上げる。ウクライナ問題が長引けば物価が落ち着くめども付けにくいため、欧州中央銀行(ECB)は年後半の早い時期に利上げ開始を迫られるだろう。ユーロ・ドル相場は、利上げが視野に入り長期金利がさらに上昇する夏前には反転上昇、年末にかけて1ユーロ=1・23ドル程度をめどに上値を追う展開を予想する。

 一方、ユーロ・円は固有の材料に乏しく、基本的にはユーロ・ドルとドル・円のクロスで決まると考える。そのため、ユーロ・円相場は当面、1ユーロ=125円までの下値を探る展開となり、年後半に入り米国の金利上昇などによる円安・ドル高地合いの下、ユ…

残り376文字(全文876文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事