マーケット・金融

欧米のインフレ懸念「過度な悲観は必要ない」 加藤勝彦・みずほ銀行頭取

加藤勝彦・みずほ銀行頭取にインタビュー

「過去を繰り返さない」しっかり行員に伝えていく

 新型コロナウイルス感染の長期化やウクライナ情勢など、世界経済を取り巻く環境は不透明感が強い。4月に頭取に就任した加藤勝彦氏は、どのようにこの難局を乗り切るのかを聞いた。

(聞き手=浜條元保、構成=斎藤信世・編集部)

── ウクライナ危機などで世界経済は不確実性を増している。

■極めて不透明だ。通常は(メインの)リスクシナリオを作り、それよりリスクの高いサブシナリオ、さらにリスクが高い「ホラーストーリー」(最悪シナリオ)を作るが、メインと同じくらい、サブの現実味が高いのがこの1年だと感じている。世界がブロック経済化していく中で、地政学上のリスクを特に警戒すべきだ。

 その意味では、外債の投資ポジションもコントロールしなければいけない。2014年にロシアがクリミア半島に侵攻して以降、当行はロシアに対するエクスポージャー(投融資残高)は大幅に減らしているので、欧州の金融機関より影響は小さかったかもしれない。しかし、今後どうなっていくかは分からないので、緊張感を持って臨む。何より大事なのは、ロシアには現地法人があるので、行員の安心安全を守っていくことを「一丁目一番地」と考えている。

── 現法の業務は通常通り行われているのか。

■「通常通り」は難しい。基本的には制裁のルールに従って行う。かなり限定的に対応している形だ。しかし、(ロシアに)進出している日系企業の関係者の決済の責任は、我々にある。しっかりと取り組んでいく。

── 欧米を中心にインフレが高進している。米連邦準備制度理事会(FRB)は急速に金融引き締めにかじを切っている。影響をどうみるか。

■景気後退は気になる。FRBは政策金利を年内3%未満まで引き上げる…

残り752文字(全文1502文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事