国際・政治深層真相

国産半導体の復活戦略にはどこへ? 経産相と担当課長が交代

 日の丸半導体復活に向けて熱心に取り組んできた経済産業省の大臣と担当課長がともに代わってしまった。

 経産相続投に意欲を燃やしていた萩生田光一氏=写真=は8月10日の内閣改造で退任し、自民党政調会長に就任。萩生田氏は5月3日、米IBMの半導体研究開発センターを視察し、技術協力を取り付けた。また、7月29日の米国との外務・経済担当閣僚協議(経済版2プラス2)では、レモンド商務長官と次世代半導体日米共同開発計画を協議し、日本に「次世代半導体製造技術開発セ…

残り341文字(全文567文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事