週刊エコノミスト Online

イプシロン初の商業打ち上げで失敗、JAXAは情報公開と対策が急務 鳥嶋真也

多くの関係者が集まったイプシロンロケット打ち上げのパブリックビューイング(2022年10月12日、福岡市内)
多くの関係者が集まったイプシロンロケット打ち上げのパブリックビューイング(2022年10月12日、福岡市内)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月12日、小型ロケット「イプシロン」6号機の打ち上げに失敗した。日本の主力ロケットの打ち上げ失敗は、2003年のH2Aロケット6号機以来で、イプシロンの打ち上げ失敗は初めて。

 イプシロン6号機は10月12日9時50分、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられた。ロケットは3段式で、1、2段目の飛行は順調だったが、2段目と3段目の分離の可否を判断する時点で、ロケットの姿勢が異常な状態であることが判明。正常に飛行できないと判断し、JAXAは地上からロケットを破壊する指令を出した。現時点で失敗の原因は分かっていないが、JAXAは「姿勢に異常が生じたことから、姿勢制御に関わる部品を中心に調べる」としている。

試練

 イプシロンはJAXAが開発した小型ロケットで、小型の衛星を効率よく打ち上げることを目指している。13年打ち上げの試験機1号機から5号機まで連続成功していた。

 今回の6号機には、宇宙での新技術の実証などを行うJAXAや民間企業、大学・高専の小型衛星、部品のほか、九州のベンチャー企業「QPS研究所」が開発した2機の商業衛星も搭載されており、イプシロンにとっては初の商業打ち上げでもあった。

 イプシロンにとって商業打ち上げは悲願であった。イプシロンには打ち上げ費用が高いという欠点があり、他国の同性能のロケットとの競争で苦しい立場にあった。一方で、日本が長年独自に育んできた技術を投じていること、部品の一部を共有するH2Aロケットが成功率97.8%と高い水準にあることなどから、高い信頼性を武器としていた。

 さらに23年度には、コストダウンなどを図った改良型の「イプシロンS」の打ち上げを計画しているほか、24年度からはイプシロンの運用…

残り311文字(全文1061文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事