【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治

鈴木宗男・参議院議員「被爆地出身の岸田首相は停戦を強く訴えよ」

鈴木宗男(参議院議員)
鈴木宗男(参議院議員)

 長期化するロシアとウクライナの戦争に出口はないのか。日本屈指のロシア通政治家である鈴木宗男参議院議員に話を聞いた。(聞き手=浜田健太郎・編集部)>>特集「歴史に学ぶ 戦争・インフレ・資本主義」はこちら

── ロシアがウクライナを軍事侵攻して8カ月余り。なぜ、戦争が起きたのかをどう認識していますか。

■力による国家主権の侵害や領土拡大、これは許されることではない。ただ、戦争には双方に言い分があるものだ。先の大戦では「日本に非があった」と世界に裁かれたが、日本には日本の言い分があった。現在は、日本や欧米の政治指導者、メディア、世論は侵攻したロシアが「悪」で、ウクライナが「善」という価値観で凝り固まっているが、私はそうは考えていない。

 なぜロシアは特別軍事作戦を起こさなければならかったのか。昨年10月、ウクライナは親ロシア住民が多く住む地域に自爆ドローンを飛ばした。ウクライナ東部のドネツク、ルガンスクにはロシアのパスポートを持つ約70万人のロシア人がいる。その人たちはロシア語を話すウクライナ国籍の住民とは違う。

 ロシアは自国民に危険が及ぶと判断して国境沿いに10万人の兵士を配置した。そして、プーチン大統領が最終的な判断をしたのは2月19日。ミュンヘン安全保障会議で、ゼレンスキー大統領が「ブダペスト覚書(1994年)の再協議」を持ち出したことだ。旧ソ連がウクライナに保管していた核兵器をロシアに移管するという覚書だ。この見直しにゼレンスキー氏が言及したものだから、プーチン氏は容認できなかった。

── 軍事侵攻したことの批判は免れないのでは。

■2014年4月から、ウクライナ東部ドンバス地方でウクライナ軍と親露派武装勢力との紛争が始まった。事態収拾のための「ミンスク議定書(ミンスク1)」が同年9月に締結されたが機能せず、15年2月に独仏の仲介でドンバスに広範な自治権を与える「ミンスク2」が結…

残り1398文字(全文2198文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事