週刊エコノミスト Online編集後記

北條一浩/和田肇

編集部から

 先日、ブックデザインの仕事をしている人と話す機会を得た。話題が最近の紙代の高騰に及んだ時、彼が言った一言が忘れられない。「そもそも今までが安すぎたんです。紙を作るのって大変なんですよ」

 書籍の装丁の際に、あらゆる紙を吟味してきた仕事人ならではの発言である。紙の値上がりは出版界にとって死活問題だが、では今まで自分は紙についてどれだけのことを理解していたのか。紙はパルプから作られるが、パルプは実は木材とは限らないこと。木材にしても、針葉樹の繊維と広葉樹のそれで強さに違いがあること。そして原材料の入手から製紙、流通を経て納品までの過程で、どうやって紙の価格は決まるのか。

 これらのほとんどを自分は理解できていない。物価高が厳しくなってきた今こそ、モノの成立過程と価格の持つ意味について、もっと意識的であるべきだと反省している。

残り750文字(全文1119文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事