経済・企業

アルゼンチン利上げ 通貨安に歯止めかからず マクリ大統領、財政改革を表明=浅野貴昭

    主要通貨の年初来騰落率(対米ドル)
    主要通貨の年初来騰落率(対米ドル)

     8月30日、アルゼンチンの中央銀行は政策金利を15%引き上げ、60%に設定すると発表した。13日にも5%の利上げを実施したばかり。4月下旬にアルゼンチン・ペソが急落して以来、今回で5度目の緊急利上げとなる。年初来のペソ下落幅は対米ドルで約50%に及ぶ。6月にマクリ政権は国際通貨基金(IMF)と500億ドルの緊急融資枠の設定に合意していることから、8月29日、マクリ大統領は未利用の融資枠350億ドルの一部の早期融資をIMFに求めると発言。ラガルドIMF専務理事も前向きな声明で応えた。利上げだけでは通貨安を止められないと、9月3日、マクリ大統領は国民に向けた演説で、「政府のインフレ抑制が手ぬるかった」と認めた上で、今後は徹底した財政改革に乗り出すと発表した。省庁の半減や、農産品輸出税の復活などを通じて財政を改善し、計画を1年前倒しして2019年の均衡予算を実現するとした。

     15年12月に発足した中道右派のマクリ政権は、12年間続いた左派政権による「ばらまき経済」のゆがみ…

    残り832文字(全文1272文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット