経済・企業

自動車減税論議 消費税対策で業界期待 政府内では慎重論も=岡大介

「税金が高い」と語っていたトヨタ自動車の豊田章男社長
「税金が高い」と語っていたトヨタ自動車の豊田章男社長

 自動車の税制改正を巡る議論が過熱しそうだ。経済産業省は、2019年度税制改正要望で自動車税の大幅引き下げなどを求めた。政府は19年10月の消費税率の8%から10%への引き上げ時に消費が落ち込まないよう経済対策を講じたい考えで、自動車業界は自動車関連の減税を実現するチャンスと捉えている。ただ、減税は国と地方の財源を奪うことにもなり、議論は紛糾する可能性がある。

「世界と比較すると日本は本当に税金が高い」。自動車大手が加盟する日本自動車工業界の会長でトヨタ自動車の豊田章男社長は5月、自動車関連の税制を巡り、こう発言していた。

残り837文字(全文1100文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事