投資・運用

知らないと損する生前贈与と遺産分割と信託商品=向山勇 信託銀行の使い方

     富裕層向けのイメージが強い信託銀行だが、最近は一般個人向け商品の品ぞろえを増やしている。ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦氏は「その中でも大ヒット商品と言えば、教育資金贈与信託」という。

     この商品は、子や孫に1人当たり1500万円まで教育資金を非課税で贈与できる特例を利用したもの。信託協会のデータによると2013年に取り扱いが始まって以降、急激に受託を増やし、18年3月末時点で累計契約件数は約19万4000件、受託額は約1兆4000億円に達している。

     深野氏によれば、「教育資金贈与信託は、知る人ぞ知る使い方があるのも人気の理由」という。基本的には、教育資金を生前贈与するための商品だが、相続が発生してからでも利用できる。

    残り1893文字(全文2209文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット