教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

「日本酒はいまや人類史上最高の酒になった」酒サムライ=門司健次郎 前・駐カナダ大使 問答有用/713 

    「日本人の多くが飲まず嫌いで、いまの日本酒の味を全く知らない。そこが最大の問題です」撮影=蘆田剛
    「日本人の多くが飲まず嫌いで、いまの日本酒の味を全く知らない。そこが最大の問題です」撮影=蘆田剛

     日本酒の味にほれ込み、実力通りの「世界酒」にしたいと、外交官生活のあらゆる機会に宣伝し続けて28年。昨年、カナダ大使を最後に退官したいまも、「酒サムライ」の称号でライフワークとなった夢を追う。

    (聞き手=山崎博史・ジャーナリスト)

    「日本酒はいまや人類史上最高の酒になった」

    「イラク大使時代に実感した日本のソフトパワーの重要性。限りある日本酒を振る舞った」

    ── 外交官時代は知る人ぞ知る“日本酒の応援団長”でしたね。退官したいまは。

    門司 いまも「酒サムライ」と日本酒輸出協会顧問の肩書で、いろんなイベントなどで講演したり、外国の友人・知人に宣伝したりしています。1991年のベルギー大使館勤務から一人で勝手に「オレは日本酒普及協会会長だぁ」と始めたのですが、98年に本物の日本酒輸出協会顧問になり、2008年に「酒サムライ」の称号を頂戴した。「酒サムライ」は、日本酒造青年協議会(約900蔵元)が毎年、「海外発信貢献者」を国内外から…

    残り4833文字(全文5248文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事