教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

LGBTが普通の世の中に=西原さつき タレント・メーク塾代表 問答有用/712

身長は179cm。そのスタイルを生かしてモデルとしても活躍する
身長は179cm。そのスタイルを生かしてモデルとしても活躍する

 体は男性だが、心は女性である自分に違和感を持ち、26歳の時に性別適合手術を受けた。性的少数者であるLGBTが差別を感じることなく、普通に暮らせる世の中を目指し、メディア出演や塾経営を通じて啓発活動を続けている。

(聞き手=稲留正英・編集部)

「この体で生まれた意味を見いだしていきたい」

「日本人は性的少数者にものすごく抵抗感がある。一般の女性も生きにくい社会」

── 9月まで放映する日本放送協会(NHK)の連続テレビ小説「半分、青い。」では、漫画家を目指すヒロインの同僚として、ゲイ男性が登場しました。もはや、LGBTなど性的少数者はお茶の間でも、普通の存在となりつつあります。

西原 「半分青い」でゲイ男性を演じた俳優の志尊淳君は、もともと、この1月に放映された同局のドラマ「女子的生活」で私が演技指導しました。このドラマで主人公だった志尊君は、男性から女性に性転換したトランスジェンダー(身体上の性と自分自身が認識する性が異なる人)の役でした。私は、「乙女塾」というトランスジェンダー向けのメークアップ、所作のトレーニング教室を開いており、NHKから講師として招かれました。

残り4756文字(全文5243文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事