教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

ナガサキから、世界へ=高田明 V・ファーレン長崎社長 問答有用/711

    高田明 V・ファーレン長崎社長(撮影=武市公孝)
    高田明 V・ファーレン長崎社長(撮影=武市公孝)

    昨春、J2リーグで経営危機に陥ったV・ファーレン長崎の社長に就任するや、業績をV字回復させ、初のJ1昇格も達成。ジャパネット由来の辣腕を振るった高田氏だが、J1ピッチでは苦戦が続く。古希を前にサッカー界へ転進し、新たに夢見るものは。

    (聞き手=山崎博史・ジャーナリスト)

    「平和の発信。それがミッションです」

    「ビジネスもサッカーもお客さんに喜んでもらうため。そこは同じなんです」

    ── V・ファーレン長崎は現在18位と最下位(第25節)ですが。

    高田 あまり意識していません。負け惜しみでなく、皆一生懸命に頑張った結果だと思いますので、今の状況は…

    残り4924文字(全文5193文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット