テクノロジー

Q&A がん遺伝子治療 遺伝子検査が保険適用へ 「がんゲノム医療」が本格化=高野聡 がんに勝つ薬

     遺伝子の情報を治療に生かす時代が本格的に始まろうとしている。がん治療はどう変わるのか。

    特集「がんに勝つ薬」

     Q 遺伝子の情報を活用したがん治療とは?

     A がん患者のゲノム(全遺伝情報)を解析して治療や予防に生かす医療で、「がんゲノム医療」と呼ばれている。

     政府は2018年3月に閣議決定した第3期がん対策推進基本計画に「がんゲノム医療の充実」を位置づけ、全国の医療機関での診療体制を整備している。その取り組みの一つががん患者の細胞の遺伝子変異を調べる「遺伝子パネル検査」で、厚生労働省は19年4月からの公的保険適用を目指しており、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)や東大病院(東京都文京区)で先進医療で提供が始まっている。

    残り2310文字(全文2627文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット