国際・政治

米中間選挙 民主が下院奪還で「ねじれ」議会 減税、インフラ投資は継続困難に=前嶋和弘

    下院での勝利を有権者に報告する民主党下院トップのペロシ院内総務(右)(Bloomberg)
    下院での勝利を有権者に報告する民主党下院トップのペロシ院内総務(右)(Bloomberg)

     11月6日(現地時間)投開票の米中間選挙で、野党民主党が下院の議席数を伸ばし、8年ぶりに多数派を奪還した。上院は与党共和党が多数派を維持したものの、米国議会は上院と下院とで多数派が異なる「ねじれ」が生じることになる。トランプ大統領の政権運営が危機的な状況に陥る可能性も出てきた。

     中間選挙は、トランプ政権の発足以来2年間に対するいわば国民の評価で、上院100議席中35議席と下院の全435議席が改選された。

     上下両院のねじれにより、トランプ政権の代表的な経済政策の中でも、特に減税、規制緩和、インフラ投資と…

    残り1029文字(全文1283文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット