国際・政治

外国人材拡大法案 受け入れ適正化へ 国主導の仕組みを=山田久

    外国人労働者は増えている
    外国人労働者は増えている

     政府は11月2日、外国人労働者受け入れの拡大に向けて出入国管理法(入管難民法)改正案を閣議決定した。目玉は、人手不足分野で一定の技能と日本語能力を有する外国人を対象に就労を認める新在留資格「特定技能」を、来年4月に創設することである。在留期間は通算5年だが、熟練した技能を持つ人材に限って更新制により上限を設けず、家族帯同も認める。

     現状わが国では専門的・技術的分野以外での外国人労働は公式には認められていないが、実際には技能実習生…

    残り854文字(全文1071文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット