経済・企業深層真相

マネックス大誤算か 仮想通貨事業が難航

     マネックスグループの松本大社長=写真=が期待を寄せる仮想通貨事業が立ち上がりから難航している。今年1月に仮想通貨「NEM」流出事件を起こした交換業者「コインチェック」を約40億円もの巨費で買収したが、6月の事業再開見通しが遅れに遅れ、10月30日となった。しかも、事業は3種類の仮想通貨の購入に限定され、全面再開のメドは依然として立っていない。

     背景には、許認可を握る金融庁の慎重な姿勢がある。春先以降に本格化した同庁の立ち入り検査により、マネーロンダリング(資金洗浄)対策の不備、「コンプライアンス(法令順守)態勢よりも、利益を最優先する経営姿勢」(金融庁幹部)といった杜撰(ずさん)な経営実態が次々に判明した。9月には67億円相当の仮想通貨が流出したテックビューロ(大阪市)が解散・廃業に追い込まれたことも尾を引いている。

    残り159文字(全文523文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事