経済・企業私鉄大手

収益構造 ターミナル駅再興に力=岩成政和 攻める私鉄

     大手民鉄の路線がほぼ確立し、郊外から都心への通勤輸送、あるいは都心から郊外への行楽輸送といった輸送スタイルが出そろった時期は、おおむね大正時代後半だ。首都圏では1923年の関東大震災以降、近畿圏では阪神間モダニズムの隆盛期(大正中期)以降といわれている。

     それから100年近く、旅客輸送を中心とした大手民鉄のビジネスモデルは時代とともに変遷しながら今に至っている。

    残り2267文字(全文2450文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事