経済・企業稼げる特許・商標・意匠

役員インタビュー 国内特許登録トップ 加藤恒・三菱電機常務執行役

    守りの戦略、まずは出願

     特許で攻める・守る体制や考え方を聞いた。(聞き手=種市房子・編集部)

    ── 知的財産への会社の考え方は。

    ■当社の知的財産戦略は「守り」に重きを置いている。というのは、1980年代、米国企業から半導体関係の特許で猛攻を受けたが、対抗できる特許を有しておらず、結果としてロイヤルティー(実施料)を払わねばならなかったからだ。それ以来、「知的財産戦略は経営に大きな影響を与える」という意識を持って、地道に社内体制を強化してきた。当社の知的財産部門には、技術・システム・デザイン・ブランドを特許権や商標権、意匠権という権利の形にする「知的財産センター」と、知的財産権のライセンス交渉や訴訟に当たる「知的財産渉外部」がある。さらに、各研究所や事業所にも専任の知的財産担当者がおり、総勢約400人だ。

    残り666文字(全文1021文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット