経済・企業稼げる特許・商標・意匠

役員インタビュー 国内特許登録トップ 加藤恒・三菱電機常務執行役

     特許で攻める・守る体制や考え方を聞いた。(聞き手=種市房子・編集部)

    ── 知的財産への会社の考え方は。

    ■当社の知的財産戦略は「守り」に重きを置いている。というのは、1980年代、米国企業から半導体関係の特許で猛攻を受けたが、対抗できる特許を有しておらず、結果としてロイヤルティー(実施料)を払わねばならなかったからだ。それ以来、「知的財産戦略は経営に大きな影響を与える」という意識を持って、地道に社内体制を強化してきた。当社の知的財産部門には、技術・システム・デザイン・ブランドを特許権や商標権、意匠権という権利の形にする「知的財産センター」と、知的財産権のライセンス交渉や訴訟に当たる「知的財産渉外部」がある。さらに、各研究所や事業所にも専任の知的財産担当者がおり、総勢約400人だ。

    残り677文字(全文1021文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット