法務・税務稼げる特許・商標・意匠

PDA端末「パーム」 市場形成前の先読みで「稼ぐ特許」を創出=青木宏義

    今は市場から消えたPDA端末。特許はスマートフォンに使用されている
    今は市場から消えたPDA端末。特許はスマートフォンに使用されている

     近年、特許に代表される知的財産が注目されている。企業価値の約8割が無形資産になった今日、知的財産(本稿では特許を中心に説明を進める)はマネタイズ(収益化)できる無体財産であり、有効に使うことで、事業の価値、ひいては企業の価値を高めることができることが理由であろう。

     よく「自社製品を特許で守る」という言葉を耳にするが、これは、例えば、自社製品を完全コピー(まね)されないように特許を取っておくという意味で使われている。このように特許を使用すると、他社の技術的・商業的な追い上げを遅らせることができる。これは、自社製品が優れていて商業的に成功しているほど有効である。この特許の使用は、自社製品とセットでの使用であり、根底にある考え方は、特許を専用権として捉えた考え方である(保険型)。

     一方で、「パテント(特許)で稼ぐ」という言葉も耳にするようになった。これは、例えば、他社が自社の特許を使っている状況や、他社が自社の特許を使わざるを得ない状況で、ライセンスなどでマネタイズできるという意味で使われる。この使用は、必ずしも自社製品とセットで使用されるわけではない。つまり、自社で製品製造をしていなくても特許のみ使うことができるのだ。この使用の根底にある考え方は、特許を排他権として捉え…

    残り2337文字(全文2879文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット