法務・税務稼げる特許・商標・意匠

外国出願の手続きは 出願国数・範囲に応じて二つのルート選択を=福地武雄

    貴重な技術を守らねばならない(Bloomberg)
    貴重な技術を守らねばならない(Bloomberg)

     今日、日本企業の活動範囲は世界に広がっている。新技術を用いた製品を外国へ輸出、あるいは現地生産する場合、その国で特許権を取得しておかないと、技術は守れない。しかし、世界統一の特許制度は存在せず、日本で特許を取得できたとしても、他国でも特許を取得しなければ、その国で保護を受けることはできない(属地主義)。そこで、日本以外の国で特許を取得するために「外国特許出願」が必要になってくる。どの国へ出願するかについてはビジネスプランにもよるが、輸出メーカーは取引量の多い米国、欧州、中国へ出願するケースが多い。本稿では、「日本で出願した国内特許について、複数の国で外国特許出願を検討」というケースを紹介する。

    残り3818文字(全文4120文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事