法務・税務

ケリー氏がチェックを「無力化」か “ブラックボックス”の高額報酬=山口利昭

    トップの座を追われたカルロス・ゴーン氏
    トップの座を追われたカルロス・ゴーン氏

     カルロス・ゴーン会長は毎年、10億円前後の報酬を日産自動車から得ており(表2)、国内上場企業の役員報酬で上位を争っていた。しかし、日産自動車の意思決定の仕組み上、取締役会は各取締役の報酬決定を会長に一任していると思われ、他の取締役は、実際に開示されるまで、会長の年間報酬はいくらだったのか分からなかったと推測される。役員報酬がこれだけ高額になった理由について、企業統治(コーポレート・ガバナンス)上、検証する必要がある。

     日産自動車のガバナンス報告書や有価証券報告書を読むと、同社はいわゆる監査役会設置会社で、取締役会には指名・報酬委員会は存在しない。会長(取締役会議長)が、他の代表取締役(同社の場合、西川広人社長と逮捕されたグレッグ・ケリー代表取締役)と協議して役員報酬の金額を決定する仕組みになっている。そのため、業績連動の金銭報酬に加え、株価連動型の報酬(インセンティブ受領権)の算定評価はブラックボックスの状態…

    残り729文字(全文1140文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事