資源・エネルギー日の丸LNGの挑戦

地質技術者が語るイクシス発見の真相

── なぜ豪州に注目したのか。

■イクシスがある豪州北西大陸棚北東海域は、ガス田が主体であり、油田の発見は困難と考えられていた。しかし、ジャビル油田やチャリス油田が発見されたことで、世界から注目されるようになった。また、インドネシアの地質は、東側と西側で大きく異なるが、東インドネシアは豪州北西部の地質と似ているということは当時から分かっていた。

 INPEXは東インドネシアでの探鉱経験もあったので、東インドネシアと地質が似ている豪州北西海域への進出は自然な流れだった。

残り441文字(全文675文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事