週刊エコノミスト Online商社の深層&ズバリ!地域金融

第9回 北都銀の風力発電PF 5年で手数料6億円=浪川攻

     事業からの収入を返済原資とするプロジェクトファイナンス(PF)は、メガバンクなど大手行の独壇場。そう思われがちなほど、地域銀行はアレンジャー(幹事銀行)組成の協調融資団に参加するケースがほとんど。だが、秋田県では北都銀行がアレンジャーとなってPFを組成し続け、地域の産業創出に寄与している。

     県内には現在、200基もの風力発電施設がそびえ立つ。日本海から吹き込む秋田独特の良質の風が安定的な発電に適しているからだ。とはいえ、風力発電は当初、東京の大資本による事業化が主流で、建設も東京の企業が担い、売電収入は東京に吸い込まれた。県内のメリットはきわめて乏しかった。

     そこで、北都銀行は動いた。まず、取引先企業とともに、風力発電事業会社「ウェンティ・ジャパン」を20…

    残り1043文字(全文1376文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット