資源・エネルギー日の丸LNGの挑戦

4.5兆円、20年越しのプロジェクト 豪「イクシス」ガス田から初出荷=内田誠吾

    オーストラリア・ダーウィンのLNG積み出し港に停泊するLNG船(左)とLPG船 国際石油開発帝石提供
    オーストラリア・ダーウィンのLNG積み出し港に停泊するLNG船(左)とLPG船 国際石油開発帝石提供

    「日の丸LNG(液化天然ガス)」への挑戦がついに実を結んだ。国際石油開発帝石(INPEX)が10月23日、日本企業では初となる大規模LNGプロジェクトの操業主体(オペレーター)として、豪州北部ダーウィンでLNGの出荷を開始した。西オーストラリア州沖合に権益を持つガス田「イクシス」で産出した天然ガスを液化したもので、日本は世界最大のLNG消費国だが、これまで大規模LNGプロジェクトで探鉱から液化までを手がけるオペレーターは皆無だった。

     イクシスからは、LNG年産890万トンのうち、567万トンが日本の買い主に向けて供給される。また、日量10万バレルのコンデンセート(超軽質の石油)や、年産165万トンのLPG(液化石油ガス)も生産される。日量10万バレルの石油生産は豪州では最大規模であり、これらの生産物を処理する沖合施設は世界最大規模。さらに、イクシスからLNG液化基地のあるダーウィンまでは、南半球で最長となる890キロにも及ぶ…

    残り2821文字(全文3239文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット