資源・エネルギー日の丸LNGの挑戦

4.5兆円、20年越しのプロジェクト 豪「イクシス」ガス田から初出荷=内田誠吾

    オーストラリア・ダーウィンのLNG積み出し港に停泊するLNG船(左)とLPG船 国際石油開発帝石提供
    オーストラリア・ダーウィンのLNG積み出し港に停泊するLNG船(左)とLPG船 国際石油開発帝石提供

    「日の丸LNG(液化天然ガス)」への挑戦がついに実を結んだ。国際石油開発帝石(INPEX)が10月23日、日本企業では初となる大規模LNGプロジェクトの操業主体(オペレーター)として、豪州北部ダーウィンでLNGの出荷を開始した。西オーストラリア州沖合に権益を持つガス田「イクシス」で産出した天然ガスを液化したもので、日本は世界最大のLNG消費国だが、これまで大規模LNGプロジェクトで探鉱から液化までを手がけるオペレーターは皆無だった。

     イクシスからは、LNG年産890万トンのうち、567万トンが日本の買い主に向けて供給される。また、日量10万バレルのコンデンセート(超軽質の石油)や、年産165万トンのLPG(液化石油ガス)も生産される。日量10万バレルの石油生産は豪州では最大規模であり、これらの生産物を処理する沖合施設は世界最大規模。さらに、イクシスからLNG液化基地のあるダーウィンまでは、南半球で最長となる890キロにも及ぶ…

    残り2821文字(全文3239文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事