資源・エネルギー

カタールのOPEC脱退が招く二つのシナリオ=畑中美樹

     カタールのアルカービ・エネルギー相は12月3日、記者会見を開き、2019年1月1日付で石油輸出国機構(OPEC)を脱退すると発表した。天然ガス大国カタールの離脱によって、サウジアラビアを盟主とするOPECの結束を弱める可能性があるほか、世界の1次エネルギー需要で石油から天然ガスへとシフトを加速させるシナリオも現実味を増しそうだ。

     同相は脱退理由について、カタールが原油より天然ガス産業を重視するエネルギー政策を反映したものとし、…

    残り1002文字(全文1218文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット