経済・企業日本経済総予測2019

年末の予想日経平均は2万9000円=広木隆

     2018年度の日経平均の1株当たり利益(EPS)は、前期比1%増益の1850円程度と予想する。為替が想定レートよりかなり円安であることを考慮すると、横ばいは相当保守的な予想である。

     19年度は予想EPS1940円、5%程度の増益と予想する。この1940円を、アベノミクス相場開始以来の平均株価収益率(PER)15倍で評価すると、日経平均株価は2万9100円。19年末に向けてこの株価を目指す展開を予想する。5%増益、PERの平均回帰を見込む理由は、市場コンセンサスになっている世界景気の減速は起こらないと考え…

    残り384文字(全文639文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット