経済・企業日本経済総予測2019

海外勢の円売り活発化、夏前に1ドル=118円も=佐々木融

 2019年は世界経済がやや減速する可能性はあるものの、引き続き潜在成長率を上回る成長が続くと見られる。こうした中、ドル・円相場が過去2年間の狭いレンジから大きく外れて推移する可能性はあまり高くないと考えられる。

 しかし、19年前半のドル・円相場は、過去2年間のレンジの上限方向(ドル高・円安)を試しにいくと考えている。日本経済、金融政策環境は大きく変化するとは予想されず、日本企業による対外直接投資、日本の投資家による円売りを伴う対外証券投資は引き続き活発な状況が続くだろう。

 これに加え、19年は世界の主要国の金利が一段と上昇することが予想され、日本以外の主要国の長期金利の加重平均値と日本の長期金利の差が、海外勢による円キャリートレード(低利の円を高利のドルなどに投資)が活発化していた05~07年ごろと同水準まで拡大すると見ている。ここ数年の円売りの主役は日本企業・投資家であったが、19年は海外投資家の円キャリートレードも活発化する可能性がある。夏前に1ドル=118円…

残り200文字(全文639文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事