経済・企業日本経済総予測2019

1ドル=120円超えで市場は警戒=柴田秀樹

 ドル・円相場は2017年、18年と2年続けて10%を下回る狭いレンジ取引にとどまったことから、19年はボラティリティー(変動幅)が高まる可能性がある。そうした中、ドル・円は17年来の高値を超えて、一時的に節目の1ドル=120円突破も想定される。

 米国経済は堅調だが、住宅市場では陰りが見え始めるなど内外経済環境が徐々に米利上げを正当化できなくなり、米連邦公開市場委員会(FOMC)は現在よりも中立的なスタンスへかじを切るとみられる。

 米利上げ打ち止めの可能性は米株にとってポジティブな材料であり、米金利上昇およびドル高に歯止めがかかるとすれば、新興国市場にとっても明るい材料となることから、為替市場ではリスクオンの円売り圧力が強まりやすい。

残り305文字(全文626文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事