経済・企業日本経済総予測2019

改元と相場 「雪の時代」平成が終わり資産運用拡大の「普通の時代」へ=高田創

     改元が行われる2019年は、日本の金融市場にとってシンボリックな年になると期待される。

     図1は、日本・米国・世界の株式時価総額の推移だ。米国のみならず、世界の株式市場がアップダウンを伴いながらも上昇基調を維持する中、日本の低調ぶりが際立っている。

     日本の株価が最高値を記録したのは平成元(1989)年。その後のバブル崩壊による資産デフレに超円高も相まって、日本は「雪の魔法」がかかったかのような凍てついた時代を長く経験した。平成の30年間はバブル崩壊とともに始まり、その大半はバブルの後遺症を引きずった時代だった。

    残り1903文字(全文2161文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット