経済・企業日本経済総予測2019

袋小路の金融政策 異次元緩和6年目に突入 景気後退の「備え」なき日銀=加藤出

    2%の目標は遠いままだ
    2%の目標は遠いままだ

     黒田東彦日銀総裁の主導で実施されてきた「異次元緩和策」は2019年春で6年目を迎える。日銀は当初、マネタリーベース(資金供給量)を2年で2倍の260兆円にすればインフレ率は目標の2%に達すると宣言した。現在、マネタリーベースは500兆円近辺に達している。しかも国債の大規模購入などにより日銀資産は異様な肥大を見せ、名目国内総生産(GDP)比は100%を超えつつある(図1)。

     しかしながら、インフレ率は2%からまだまだ遠い。大半の日銀幹部は黒田総裁の任期終了時(23年4月8日)まで見通してもプラス2%の実現は困難と感じているだろう。

    残り2545文字(全文2813文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事