経済・企業日本経済総予測2019

参院選の鬼門 長期政権に「飽き」の洗礼 「亥年現象」は起きるのか=田崎史郎

    政治に激変が起こるのか
    政治に激変が起こるのか

     2019年の政治は夏の参院選を軸に展開する。参院選の結果によって、安倍晋三首相が自民党総裁として残された21年9月までの任期中、求心力を保てるのか、それとももがき苦しみ、途中退陣に至るのかが決まる。

    地方議員多い自民に不利

     参院選はどの政権にとっても「鬼門」だ。衆院選のように勝てそうな時期に解散することができず、6月か7月に必ず行われ、時期を選べない。与党に厳しい結果となることが多く、民主党政権下の10年の参院選では民主党が大敗を喫し、政権が一気に失速した。

     とりわけ19年は、3年ごとに半数改選される参院選と4年ごとの統一地方選が同じ年に行われる「亥(い)年」に当たる。4月の統一地方選で疲れるため地方議員の運動量が減り、投票率が下がるだけでなく、地方議員が多い自民党に不利と言われる。前回の亥年の07年、自民党は惨敗。その2カ月後、安倍首相は体調不良も重なって退陣に追い込まれた。

    残り2197文字(全文2591文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事