経済・企業2019を読むキーワード

生産性 人口減少社会への挑戦 企業は「付加価値増大」に努めよ=茂木友三郎

都内で開かれた日本生産性本部のシンポジウム
都内で開かれた日本生産性本部のシンポジウム

 世界的な保護主義の台頭やグローバル競争の激化など、国内外の環境が劇的に変化するなか、日本は人口減少に伴う労働力不足や「人生100年時代」を迎え、あらためて「生産性改革」が喫緊の課題となっている。

 生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったもので、商品やサービスの生産に必要な設備や原料、労働力などがいかに効率的に使われたかを示す指標である。

 生産年齢人口の急減を目前に控える日本が活力を持ち続けるためには、分子(付加価値)を大きくし、分母(労働投入)を小さくする改革を遂行し、労働生産性を向上させるほか道はない。

残り1117文字(全文1383文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事