経済・企業日本経済総予測2019

2019カレンダー 改元、参院選、消費増税、G20=小玉祐一

    詳しくはこちら

     2019年は、新天皇の即位と改元が行われる日本社会にとって大きな節目の年となるが、政治・経済面でもいくつかの重要な節目を迎える。

     まず、このまま安倍政権が続けば、11月20日には首相としての通算の在職日数が2887日に達し、桂太郎元首相を抜いて憲政史上1位に躍り出る。安倍晋三首相としては、史上最長政権にふさわしい「レガシー」が欲しいところ。北方領土、拉致、憲法といった積年の課題のほか、経済政策面では、社会保障と税の一体改革に注力する姿勢を示している。

     ただ、選挙の結果次第では政局が大きく動く可能性もある。19年は4月の統一地方選後、7月には参院選が控えている。憲法改正問題と絡み、安倍首相が衆院選とのダブル選挙に踏み切る、あるいは憲法改正の是非を問う国民投票を含めたトリプル投票となる可能性もささやかれている。

    残り932文字(全文1298文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事