経済・企業世界経済総予測2019

新興国編 インド 続く7%台の高成長=小林公司

    首都ニューデリーでデモ行進する農民たちからモディ政権への風当たりは強い Bloomberg
    首都ニューデリーでデモ行進する農民たちからモディ政権への風当たりは強い Bloomberg

    2018年のインドの経済成長率は7・5%程度で、主要先進国・新興国で最高となったとみられる。19年についても、18年に政策金利を連続して引き上げた影響で小幅に低下するものの、7%台前半の成長率が保たれそうだ。

     ただ、経済改革で一定の実績を残してきたモディ政権は、任期満了に伴う19年春の下院選では苦戦が予想されている。モディ政権の与党・人民党は14年の前回総選挙で、「モディ・ウエーブ」と呼ばれる支持に乗り、全543議席の過半数を上回る282議席を獲得して政権交代を果たした。その後の地方選挙でも連戦連勝の勢いだった。しかし、モディ首相の地元・グジャラート州議会選挙(17年12月)では辛勝にとどまり、潮目が変わったようだ。

     モディ支持退潮の背景には農村の不満がある。全人口(約13億4000万人)の7割を占める農村には、経済成長の「果実」が届いていないという。例えばモディ政権はインフレ対策として、政府が備蓄用などとして買い上げる農産物の公定価格(MSP)を抑制した。その結果、食品を中心にインフレ率の低下はインド全体にとって良かったが(図)、分配面では生産者(農民)の所得が減る一方で、消費者(都市住民)の支出は減ること…

    残り758文字(全文1270文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事