経済・企業世界経済総予測2019

欧州編 ユーロ圏経済 底堅いが外部要因に脆弱 米国保護主義の悪影響も=伊藤さゆり

ドイツは自動車への関税を警戒(独ダイムラーの工場) Bloomberg
ドイツは自動車への関税を警戒(独ダイムラーの工場) Bloomberg

 ユーロ圏は2019年に景気拡大7年目に入る。世界経済の減速も影響し、ユーロ圏でも17年をピークとする減速は続く見通しだが、個人消費と設備投資が両輪となり、失速は免れそうだ。その一方で、先行きの不確実性は高く、リスクは下方に向いている。

英離脱より危ういリスク

 ユーロ圏の個人消費は雇用・所得環境の改善を支えに底堅さを保つとみられる。企業は17年のような記録的な強さはないものの、幅広い業種で雇用拡大に意欲を示している。労働市場のスラック(余剰)の縮小とともに賃金の伸びも上向いている。

 家計のマインドも17年ほど強気ではないが、なお長期平均に比べて高い水準を保つ。18年に実質所得の伸びを抑えた原油価格上昇の影響も19年は弱まりそうだ。欧州中央銀行(ECB)が予定する金融緩和の縮小も緩やかなペースが予想される。個人消費は底堅く推移するだろう。

残り2211文字(全文2583文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事