経済・企業世界経済総予測2019

世界の牽引役は中国へ移行 ロバート・J・ゴードン 米ノースウェスタン大学教授

発明の“革命性”は衰えた 

 米国が超大国に上り詰めた時代の高成長は再来しない──と指摘するゴードン教授に、世界経済の先行きを聞いた。

(聞き手=岩田太郎・在米ジャーナリスト)

── 著書『アメリカ経済 成長の終焉(しゅうえん)』では、米国が1871年からの100年間に「特別な繁栄」を体験したと指摘している。

■1870年代から80年代にかけ、「電気」や「内燃機関」など現代文明を可能にした数々の基本的発明が登場し、さらに1920年代になると派生の発明が数多く生まれ、生産性を飛躍的に増大させた。いわゆる「第2次産業革命」だ。30年代の大恐慌時代も発明は続き、同時期の生産性上昇は非常に力強かった。

残り2498文字(全文2794文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事