週刊エコノミスト Online2019年の企業人事早耳情報

製薬 大塚製薬の次期社長 井上専務が有力候補

     大塚ホールディングス(HD)では、グループ中核の大塚製薬次期社長人事に注目が集まる。現在、大塚HDの樋口達夫社長(68)氏が大塚製薬社長を兼任しているが、あくまで緊急避難的なものだ。08年、樋口氏のHD社長就任に当たり、大塚製薬の専務執行役員だった岩本太郎氏が社長となったものの、在任中の15年に急逝。樋口氏が社長を兼任してきた。

     この人事があった15年、最盛期に6500億円超の売り上げがあった抗精神病薬エビリファイの特許が米国で失効、売り上げが急降下し始めた。しかし、新薬群の成長や、もう一つの大黒柱である清涼飲料水ポカリスエットなどを扱う事業のコスト削減などが寄与。17年12月期は2期ぶりの増収増益で、大塚製薬トップの交代の可能性は十分ある。

    残り180文字(全文506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事