国際・政治エコノミストリポート

ソニー、ダイソンが「脱英国」 「合意なき離脱」に身構える企業=菅野泰夫

    金融街・シティーにも不安がしのびよる
    金融街・シティーにも不安がしのびよる

     英国議会は2019年1月29日、メイ首相が1月21日に発表した欧州連合(EU)離脱を巡る今後の方針(動議)について審議を行い、複数の修正案を採決した。 この動議は1月15日に議会が離脱合意を否決したことを受け、その代案として提示されたものだ。「バックストップ」(アイルランドの厳格な国境管理〈ハードボーダー〉を回避するための保障措置)をやめ、それに代わる措置に置き換えて合意ある離脱を求めるもので、現行離脱協定を法的拘束力のある形で変更することを意味する。

     メイ首相にとって事実上のUターンでもある同案は、保守党と閣外協力関係にある民主統一党(DUP)のほか、強硬離脱派の多くを含む一般議員の支持を得て、317対301、16票差で可決された。EUとの交渉を経て、離脱合意が修正されれば2月14日までに改めてその受け入れ是非を巡り、「意味のある投票」が行われる予定となっている(図)。 ただし、交渉期限の延長は議会で否定され、今後の見通しは非常に悪い。

    残り2826文字(全文3252文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット