マーケット・金融マーケット総予想2019

新興国 米中発リスクオフ・オン混在 国と資産見極め必要な年=入村隆秀

    今年初めより新興国の資産が堅調に推移している。厳しい環境であった昨年より一転しての強気相場だが、その足元は盤石ではない。

     主要な先進国と新興国の景気が同時に拡大するとともに投資家のリスク選好が強まっていた2017年、新興国資産に多額の資本が流入した。ところが昨年8月、経常収支が大きく悪化していたトルコやアルゼンチンから資本流出が加速し、両国で通貨危機が発生。ブラジルや南アフリカ、インドなど他の経常赤字国からも資本が流出し、株価や債券価格、為替相場を押し下げた。

     背景にあったのは、減税効果に支えられて景気が堅調に拡大していた米国で年4回の利上げなど金融引き締め策が強化されたり、政権が中国への制裁関税導入など諸外国への対決姿勢を強めたりしたことだった。世界景気の先行きへの懸念を高め、投資家のリスク許容度を低下させた。

    残り1103文字(全文1464文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット