週刊エコノミスト Online深層真相

オリンパス粉飾事件 最高裁に異議申し立て

 オリンパスの巨額粉飾決算事件で、1月22日に金融商品取引法違反ほう助などの罪で有罪判決が確定した野村証券元社員、横尾宣政氏が最高裁に異議申し立てを行っている。

 オリンパスの簿外債務の資金繰りに使われたLGTリヒテンシュタイン銀行を同社に紹介したことが刑事裁判の1、2審で有罪判決の根拠となったが、その後の民事裁判でその事実認定が覆されたにもかかわらず、最高裁が高裁差し戻しなどの判断を示さなかったためだ。

 横尾氏は2012年2月の逮捕後、仮釈放まで966日間勾留されている。日産自動車のゴーン元会長の勾留が長引く中、検察の「人質司法」のあり方に一石を投じる意味合いもあるようだ。

残り234文字(全文524文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事