マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 1月の景気ウオッチャー調査(2月8日) 昨年末の急落から持ち直すか=上野剛志

    景気の現状判断DIと先行き判断DI
    景気の現状判断DIと先行き判断DI

     2019年1月の景気ウオッチャー調査の結果が2月8日に内閣府から発表される。同調査は、タクシー運転手や職業安定所の職員、コンビニの店員など景気の動向を敏感に感じ取る人たちに、景気の現状や先行きをどう見ているか調査している。速報性があり、景気への先行性も高いとされる。集計されるコメントによって、具体的な経済動向を読み取れるのも利点だ。

     18年に入ってからの景気の現状判断DIは、年初の寒波や野菜・ガソリン価格の高騰、夏場の自然災害などの影響などから、「横ばい」を意味する50の節目を下回る状況が続いた後、自然災害の影響剥落に伴って11月には一旦50を突破した。

    残り716文字(全文997文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事