マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 企業業績が株価反転の試金石=三井郁男

     日経平均株価は年明け以降、過度なリスク回避姿勢が緩和し戻り歩調となっている。当面は10~12月の企業の決算動向と先行きの見通しをにらみつつ、懸念材料を織り込み過ぎた株価の修正がサポートするだろう。ただし懸念材料が短期的に収束する可能性は低く、株価が上昇すれば、売りもそれなりに出るだろう。

     マクロ面をみると、国際通貨基金(IMF)は世界の経済見通しを下方修正した。19年の世界経済の成長率は3・7%成長から3・5%へ、20年も3・7%から3・6%へ引き下げられた。米国発の貿易戦争で中国の減速が強まり他の地域への波及が懸念されている。

     一方、日本は消費増税に対し需要喚起策が経済を下支えするとし、19年は0・9%から1・1%成長へ、20年も0・3%から0・5%へ上方修正された。

    残り519文字(全文859文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事