週刊エコノミスト Online海外企業を買う

ディアジオ 世界最大級の洋酒メーカー=小田切尚登/226

◆Diageo

 英ディアジオは世界最大級の酒類製造販売会社だ。1997年にアイルランドのギネスと英グランドメトロポリタンの合併によって生まれた。世界約180カ国で営業しており、200以上のブランドを持つ。蒸留酒(スピリッツ)の分野では世界最大である。本社は英国ロンドンにあり、生産は欧州が中心だが、販売先としては北米が最大だ。地域別の売り上げは、北米34%、中南米9%、欧州(トルコ含む)24%、アジア21%、アフリカ12%となっている。営業利益では北米が47%と全体の半分近くを占める。

 酒類の広告会社、米ヴァインペアによると、世界の蒸留酒の中で最も知名度が高いのはジョニー・ウォーカー(スコッチ)で、第2位がスミノフ(ウオッカ)。どちらもディアジオの商品だ。第3位は仏モエ・ヘネシーのヘネシー(コニャック)だが、ディアジオはモエ・ヘネシーの34%の株式を保有する。シーバス・リーガル(スコッチ)やアブソルート(ウオッカ)などで知られる仏ペルノ・リカール、サントリーグループの米ビーム・…

残り2848文字(全文3292文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事