投資・運用

バンガード創業者ボーグル氏 インデックスファンドで恩恵=尾藤峰男

     インデックスファンドの創始者、ジョン・C・ボーグル氏(ジャック・ボーグルと呼ばれている)が亡くなった。89歳だった。現在5兆ドルに及ぶ運用資産を持つバンガードグループの創業者だ。1975年、S&P500指数に連動を目指すバンガード・インデックス・トラストの運用を開始。現在インデックスファンドは投資信託全体のほぼ50%を占めるまでになったが、当初はこのファンドには1100万ドルしか集まらなかった。当時「ボーグルの愚行」と冷笑され、ウォール街からは目の敵にされた。ボーグル氏はその後一貫して、高コストのファンドを売り高収入を手にするウォール街を攻撃する姿勢を緩めることはなかった。インデックスファンドへの定期的な投資、低コストの運用、長期・分散投資を主張し続けたのである。昨年半ばまでの過去15年の運用期間で、92%以上のアクティブファンドがS&P500指数に負けていたというデータを見ても、インデックスファンドの優位性がわかる。(出所:S&P Dow Jones Indices)

     米国の投資家ウォーレン・バフェット氏は、2017年の株主総会にボーグル氏を招き、出席したバークシャ…

    残り1316文字(全文1808文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット