教養・歴史書評

『空をゆく巨人』『経済が競争でない時代』『子どもには聞かせられない 動物のひみつ』『なぜ働き続けられない? 社会と自分の力学』

    『空をゆく巨人』 川内有緒著 集英社 1700円

     世界的な現代美術家の中国人・蔡國強氏と福島・いわきで活躍する実業家の志賀忠重氏。2人の「巨人」が長年築いてきた厚い友情の物語だ。海に導火線を浮かべて炎を走らせるといった奇想天外な蔡氏のアイデアを行動力抜群の志賀氏が支援。できそうもない話を面白がって実現させてしまう破天荒さは、震災後に人々を元気付けるため、いわきに9万9000本の桜を植えるプロジェクトを生み出した。新たなことへ一歩踏み出す勇気をもらえる感動作。(W)

    残り757文字(全文991文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット