国際・政治大変調 企業決算

インタビュー「毒を飲んで渇きを癒やす中国 『日本化』に突き進む大不安」=津上俊哉

 今年初め「昨年第4四半期(10~12月)の中国国内総生産(GDP)成長率は前年比6.4%、2018年通年では同6.6%」と発表され、「28年ぶりの低成長」と評された。

実際はマイナス成長!?

 しかし昨年12月、中国人民大学の教授、向松祚教授(金融論)が、「実際の成長率は1.67%もしくはマイナス成長だと、政府の内部限りで報告された」と、講演で述べたビデオクリップがSNS(交流サイト)で投稿されるや、瞬く間に拡散。国民にも政府公式発表を信じられない不安心理が広がっていることをうかがわせた。

「中国経済は米中貿易戦争のせいで減速している」……そう見る人が多いが、実態は違う。ここに来て、ついに中国にも投資バブル後のバランスシート調整の季節がめぐってきたのだ。

残り1813文字(全文2142文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月3日号

金利ある世界18 長期金利の居場所の探り合い 10年国債が主役に復活する日■稲留克俊21 絶えざる資産インフレとデフレ■水野和夫22 ドル・円 米金利上昇で景気失速、金利低下 1ドル=130円の円高を目指す■吉田恒24 日本株 企業に生じた「インフレ利得」 「マイナス金利」が追い風に■黒瀬浩一27 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事